中古マンション投資とは


中古マンション投資とは不動産投資の方法の一つであり、中古マンションを購入後、賃貸物件として人に貸したり、誰かほかの人に売ったりすることによって利益をあげる投資方法です。 人に貸し出した場合には家賃収入を得て中古マンション購入でかかった費用を回収、 将来的に収支をプラスにすることが目標であり、人に売る場合には中古マンションを買った金額より高い金額で売却することにより、収支をプラスにすることが目標です。 なお、不動産投資の世界では、家賃のように定期的に入ってくることが期待できる収入(利益)のことをインカムゲインと呼び、買ったお金以上の金額で売却することによって獲得できる利益のことをキャピタルゲインと呼びます。

また、不動産投資では中古マンションだけに限らず、共通して伴うリスクが存在します。 滞納や空室、買い手が出てこないことにより収入がなくなりますし、修繕コストや管理コストの支払いが必要です。 また、売却に関しては必ずしも買った金額以上で売れるとは限りません。さらに購入後の地震など大規模な災害によって建物が倒壊してしまう危険もはらんでいます。

不動産投資をはじめる場合には、利益が得られるなどのメリットだけを見て飛びつくのではなく、こうしたデメリット・リスクがあるということを十分に理解しておくことが大切です。 当サイトでは、中古マンションで不動産投資をする場合のメリット・デメリットを別のページにまとめています。今後、不動産投資をしてみたいと思っている方は内容をぜひご一読ください。